投稿

イギリス王室結婚式

イメージ
イギリス王室ハリー王子と



アメリカ人女優メーガンさんの結婚式が週末行われた。



正式にはヘンリー王子だが



イギリスでは普通に愛称のハリーと呼ばれているとのことである。



ダイアナ妃の2人の男子、




ウィリアム王子(兄)ハリー王子(弟)の弟君である。



いつの間にか祖母エリザベス女王が92歳、




父チャールズ王子が70歳である。



母君ダイアナ妃が



最初に日本に来られたのが


昭和61年、25歳の時であり、



日本では一大ブームとなった。32年前である。



僕らの年代にとってイギリス王室と言うと



今でもトップにダイアナ妃が思い浮かぶ。



ハリー王子は33歳、



メーガンさんは3歳年上の36歳で



結婚経歴ありの人生においてはハリー王子より経験豊かである。



イギリス王室は我々と変わらぬ人間的モラルの匂いがしていたが



最近では日本の皇室も



人間臭いニュースが出ているのが気がかりではある。




たぬ子

イメージ
連休中、餌を食べていたたぬ子が



口を大きく開けてゲゲっと吐きそうにした。



これが何回か続いたので、



休日でも診療してくれる獣医さんを探したら、



以前、自宅に来ていたキジ猫「きなこ」がお世話になった



先生が休日診療をやっているとのことだった。



早速、連れて行ったが、



口の中が荒れていて歯茎が腫れているとのことだった。



直感的に猫エイズと白血病を思った。



フジオも白血病で亡くし、きなこもそうだった。



いずれも最後は数日間苦しみながら逝った。



他家で亡くなったスフィも白血病だったに違いない。



「この猫ちゃんも白血病の疑いは十分あります」



と先生が言ったので思い切って血液検査を頼んだ。



手際よくたぬ子の前足が剃られ、採血がなされたが、



その間たぬ子はおとなしく素直だった。



10分位して呼ばれたが、検査結果は陽性、白血病だった。



愕然としたが仕方がない。



生き物を飼うということはそういうことだ。



野良猫の寿命は3,4年らしい。



たぬ子は5~10歳ではないかと獣医さんは言った。



平均をとって勝手に7歳と決めたが、



この子も最後を看取ることになるのだろうか。 




★フジ経理センター30周年「生きがいの創造」セミナーのお知らせ★

皆様のお陰をもちまして



㈱フジ経理センター・鍬田経雄税理士事務所は



30周年となりました。



感謝の気持ちを込めて、わくわくフォーラム「生きがいの創造」セミナーを開催します。




日時:6月8日 

開場18:30 開演19:00(閉演21:00)

講師:飯田史彦 先生 
   社会奉仕施設「光の学校」主宰、元福島大学教授
   著書『生きがいの創造』PHP研究所 他50著書

会費:無料




※申し込みは当事務所まで!
 TEL 096-337-0024
 FAX 096-337-1108
 Mail info@fujikeiri.com


お気軽にお問い合わせください!!

臨死体験?

我社のベテランAスタッフ(男性66歳)が



不思議な夢を見たと言ってレポートを読ませてくれた。



あまりにもリアルなのでしっかり記憶しておくために



レポートを作ったのだそうだ。



「臨死の時は、気が付かない内にやってきている」・・・



「恐ろしい『お迎え』臨死体験実録」



という副題がついている。



~それは2月18日の朝3時頃でした。



私が65歳、もうすぐ3月で66歳になろうかという時期でした。



前の日の午後8時頃いつも通り就寝して



静かに眠っていました。



夢の様な現実の様な夢枕に二人が静かに入って来ました。



(中略)一人はその衣服から坊さんらしく、



でっぷりと大柄な80歳くらいの人、



もう一人はその坊さんの助手らしく少し若く55歳位の、



看護師さんの様にテキパキ動いていました。



私はというと、細長い部屋の中央あたりで、



ボーっと突っ立っていたのです。



しばらくすると、



その看護師さんらしい人が手に持ったおちょこを指さして



静かな低音域ではっきりと凛とした言葉で言いました。



「準備ができました。これを飲んでください。すぐ亡くなります」



(中略)どれくらいの時間がたったか・・・



私の中に残っているかすかな自分の意識の中でとっさに



「あのう、ちょっとトイレに行ってきます・・・」



と言ったのです。



(中略)静寂の後、女性がまた言ったのです。



大谷翔平

イメージ
エンジェルスの大谷翔平がすごい。





193㎝の長身で甘いマスク、



投げては最速165キロ、



打っては3試合連続のホームラン、



23歳にして年収数億円。



同じ日本人の男子と生まれて、



こうも違っていいものか。



天は二物を与えずとは真っ赤な嘘であって、



二物どころか三物四物も与えている。



不公平もいいところである。



しかし輪廻転生説に立つと過去世において



相当の鍛錬を積んだ結果、



この現世に至ったということになる。



美貌についても、過去世を繰り返しながら、



身体の健康に注意を払ってきたから現世において



恵まれた容姿に生まれたことになる。



そして今度は現世でこの恵まれた状況を



どう生かしていくかがテーマとなっていく。



常にテーマがあってそれに向かってどう対応していくかが



人生だというのである。



帰ってきたスフィ

イメージ
事務所に電話がかかってきてスタッフの男性が出てくれたが



事情が分からず間違い電話とされた。



翌日再びかかってきて娘の言納が出て事情が分かった。



昨年9月にいなくなったスフィの消息であった。



とても人懐っこくて可愛かったから



どこかに飼われているよと言納と納得しあったのだが、



吉原町付近の老夫婦宅に通っていたのだった。




ところが最近、口の中が荒れて食べ物が食べれなくなり、



とうとう亡くなったので、



首輪が苦しかろうと外してみたら



電話番号が書いてあったのを見つけたということであった。



先方では「あか」と呼ばれていて



畳の上で日向ぼっこするのが好きだったとのことである。



会いたかったでしょうとのご厚意で



事務所まで運んでいただいた。



私は出張していたので言納が会ってくれた。



先方で荼毘に伏すとのことであった。






同期会と東富士

イメージ
陸上自衛隊幹部候補生学校の同期会が16日仙台であった。



毎年恒例になっていて前回は熊本で



私が幹事役を仰せつかった。



今年は幸い確定申告の翌日であったので



ギリギリ参加できた。



毎回これだけは参加したいと考えている。



今回は区隊長以下11名が仙台に集合した。



参加する顔ぶれが決まってきたが、



24名の区隊でありながら



全国から半分集まる区隊は他にはないのではなかろうか。



指導教官であった区隊長が何年たっても



やはり区隊長であり、



みんなに対する愛情が変わらないからであろう。



そして今回、以前いた御殿場の



普通科教導連隊近辺の演習場から、



生身の富士を見てきた。



雲がなかなか消えてくれなくて



強風の中を待っていたがこの写真が一番きれいに見える。




候補生学校で唱和し、今も毎朝唱和している



「剛健五訓」を富士に向かって唱えた。




生身の富士は圧倒的で世界に二つとないまさに



「不二」である。