湯島・猫島




熊日の夕刊に連載されていた




天草湯島の記事に誘われて




15日家族で出かけてみた。




朝から大雨警報が発令され



高速が御船から通行止めとなっていたので、




湯島へ行く江樋戸(エビト)港の




連絡船に電話してみると




小雨で波も静かなので




今のところ出航するとの事であった。




とにかく行けるところまで行こうと出発した。




家族で行こうと意見が一致したのは久しぶりで、




子供達が小さかった頃を想い出して嬉しかった。




船は30分で湯島に着いた。


                          




着くとすぐ猫たちがいた。




怖れもせず餌をやると寄ってくる。




子猫を抱き上げると嫌がりもせずじっとしている。


                          






群れのポイントがあるらしく




ポイントごとに猫が集まってくる。




餌をやりながら気が付いたが



病んでいる子たちが多い。



目ヤニがでていたり片目がなかったり、



毛並みがパサパサだったり、



ほとんどの猫がやせていた。




なかには耳に釣り針が刺さったままの猫もいた。




漁師町なので手が届かないのだろうが




帰るときは癒されるより




痛々しい気持になってしまった。











コメント

このブログの人気の投稿

たぬ子

東京CPA会計学院校長

大輔なう