投稿

南九州税理士会総会

イメージ
  今まで20年近く税理士会の総会に出なかったのだが 昨年から必ず出ようと決心した。 あまりにも若い人の選挙の投票率が下がって 政治への関心がなくなってきていると感じたからだ。 それがなぜ税理士会と関係があるのか。 税金の使われ方が政治と言っていいと思うからである。 納税した税金が 本当に日本国民のためにのみに 使われていなければ 本来の税金の意味がない。 税理士の使命の中に 納税者の納税意欲の醸成というものがあるならば、 まさに納税者に政治活動の正当性を監視し、 税金の納得できる使い方を認識して貰うように 働きかけないといけない。 それは税を扱う税理士として当然の義務であると思うからである。 自民党は国民の納税額から 政党交付金160億円をただで貰っておいて、 寄付として90億円合計250億円(R4総務省)貰っている。 にもかかわらずパーティ券事件が日常的に行われていることが露見する。 そして突如として定額減税が 事務方の迷惑も顧みず実施される。 こういった立法行政の指導者のありかたに、 どうせ政治は我々とは 無縁のところで動いていると思わざるを得ないところに 税務署の調査がある。 調査官には罪はないのだが複雑な想いがする。

キビなう

イメージ
  自宅にいる「キビダンゴ」略してキビは今月末で一歳になる。 去年7月13日、 T社の倉庫の下にいた野良ネコだった彼女を 引き取って 獣医さんに見て貰ったら生後二、三ヶ月でしょう と言われたので 三女の誕生日にあわせて5月31日生まれということにした。 T社の総務部長さんから「カラスにねらわれているんです」 という言葉にショックを受け、 あれよあれよという間に我が家のネコになってしまった。 家内はいきなりの子猫受け入れに 「とりあえず受け入れて貰い手が見つかったら 出て行って貰う」 と言うことで自分を納得させたようだ。 と言うのも二ヶ月前にペキニーズの大輔を亡くしたばかりで ペットロスが激しく、気持ちの整理が出来てなかったのだ。 一年たった今は堂々と我が家のイニシアチブを確保し、 行動範囲も二階にまで進出し 急な階段もパラパラと上り下りしている。 ただ、心配なのが玄関先に寝そべっているとき、 誰かが帰ってきて開けたドアから飛び出さないかということだ。 完全に家飼いなので外に出たら大変なことになる。 まあなんだかんだ言っても、 いつの間にか一才になったわけだ。 5月31日はお誕生日会と言うことになるだろう。

始皇帝

イメージ
  動画サイトAmazon primeの 中国ドラマ 「始皇帝 天下 統一」にハマってい る。 全 78話で今70話まで見た。 漫画の「キングダム」は同 じ秦時代ではあるが 主人公少年信の出世がストリーの中心となっていて これも面白い。 ドラマの方は秦王の政の物語である。 趙国の人質の子として生まれ、 数々の苦難を乗り越えて中国7カ国を統一する長編物語で 制作費165億円と言うだけあって、衣装、宮廷、戦闘場面など、 NHK大河ドラマ「どうする家康」なんぞ あほらしく思えるほどの規模である。 思い返しても「どうする家康」で 騎馬で突進する場面があって、 その時の馬達が一瞥してCGの絵と分る幼稚なもので、 「ここCGだけど勘弁してね。わかってね。」 と言ってる場面があっちこっちに多用され、 天下のNHKが恥ずかしくないのかと思って見るのをやめた。 「始皇帝」で感心したのが 字の統一を領土の統一に先駆けて考えていたことである。 同じ意味の字がいくつもの形の字で表されているのを 一つに統一しようとして他国の反発を食らう場面があった。 車の幅の規格とか度量衡だとかバラバラだったのを 中国全土に広めようとしていた。 現在のグロバール化を連想させ複雑な想いがする 。 あと7話しかないが昼休みが楽しみである。

「聴す」

  あるコーチングの先生から 「聴す」と書いて「ゆるす」と読むと教わって、 なぜそう読むかcopilotに聞いてみた。 ・・・ 「聴す」が「ゆるす」と読まれる理由は、 漢字の成り立ちとその象徴的な意味に由来します。 漢字「聽」は形声文字であり、 その構成要素は以下の通りです。 耳:この部分は聞くことを意味し、 傾聴する行為を象徴しています。 王:これは「玉」とも関連があり、 貴重なものや尊いものを示します。 十、四、一:これらは「聴」の旧字体「聽」に見られ、 正しい心を持って耳を傾けることを意味するとされています。 心:感情や心情を表し、聞く行為が心に及ぶことを示しています。 「聴す」が「ゆるす」と読まれるのは、 耳を傾けて真摯に聞くことが、相手を理解し、 受け入れることにつながるという考え方からきています。 つまり、相手の話を聞くことで、 その人の意見や行動を許容する、 すなわち「許す」という意味合いになります。 このように、漢字「聴」は、 聞くことが相手に対する理解と受容につながるという 深い意味を持っているのです。 また、「聴」の右側の部分は、 「徳」の右側の部分でもあり、 「徳」の異体字ともされています。 徳のある人は、人の話をよく聴くことから、 「聴」という漢字は、 「徳をもって耳を傾ける」という意味にも解釈できます。 この解釈は、人の話をよく聴くことの重要性を示唆しており、 コミュニケーションにおける傾聴の価値を強調しています。 ・・・ と文章が流れてきた。 copilot恐るべし。 いや中国5千年の文化自体のすごさに感動すべきか。

GW

イメージ
  大阪の長女が帰省して熊本城に行きたいというので 次女と3人で行ってきた。 ①駐車場   刑部邸近くの三ノ丸駐車場は満車で  二ノ丸駐車場も法華坂の入り口で入場禁止。  なのでUターンして護国神社の駐車場に止めさせて貰った。  駐車料千円はお参りのお賽銭にさせて頂いた。 ② 見学通路   あらためて驚いた。  御幸坂の上に通路が出来ていて  頬あて御門はなくなっている。  二ノ丸駐車場から直接城内に入る形になっているのだ。 ③ 宇土櫓   子供の頃は熊本城と 言えば宇土櫓だけで本丸はな かった。  いつでも自由に入れ ていた。  今回は工事中の現場 で広い作業場に入ることが出 来た。  白壁と屋根瓦が目の高 さに見られてその迫力に感動した。  毎月第2日曜日に限定公開があるようだ。必見である。 ④本丸   エレベータの乗り継ぎで最上階まで行って景色を見て、      それで地階まで歩いて降りたのだが見学者が多いのと、  お腹が減ったのとで見学もほどほどに下りてしまった。 ⑤城彩苑   二ノ丸駐車場から無料バスで城彩苑に行った。  凄い人出で歩けないくらいだったが、  皆、アイスだのコロッケだの頬張って平和そのもの。  私達は奥のビュッフェ方式の店に入ってお昼にしたが、  お値段にしてはそこそこかなという内容だった。 とまあ、こんな感じのGWで いつものごとくあっという間に終わってしまった。

定額減税

イメージ
  インボイス制度が落ち着いた かと思うと、 さっそく定額減 税が始まる。 税収が予想外に 伸びたからというのと 物価が 上がりすぎたからという理由 よりも、 パーティー券脱税のもみ消しと 総選挙前の岸田政権好印象アップを計っていると 勘ぐりたくなる。 時期的にはパーティ券脱税の方が早く問題化している。 事務方としては唐突感があって 「なんでやねん。わかりにくいやん」と言う印象が強い。 特別徴収される住民税から控除する作業をしないといけない熊本市の担当者は 「大変です。 今作業中ですが6月に間に合うかはわかりません」 と嘆いていた。 最近つくづく思うのは 偉い代議士のやりたい放題で 下々のものがくりくり回される図である。 偉い代議士も1票を集めるために 地方議員達の顔色を見ないといけない。 そのための資金が欲しい。 年間315億の政党交付金を貰いながら (自民党160億)裏付けの不要なお金が欲しいのだ。 やっぱりなんとかしないとこの国は滅びるよ。 投票率良くて50%だもんね。

自衛隊OB会

イメージ
  この土日、陸上自衛隊の区隊OB 会があった。 毎年各地の出身者が 幹事となって親睦を温めるのだが、 今回は大阪府枚方市出身者が幹事 となって、 9名が和歌山の高野山 に集まった。 新大阪で集合し、 南海鉄道で高野山まで行き、 宿坊 の一つ不動院に宿泊した。 精進料 理を食べ宿舎で歓談、旧交を温め たが、 区隊長は82歳には見えないし各人も若い。 さすがに当時の鍛錬のたまものと言いたいところだが 話の内容は、血糖値がどうの前立腺がどうのと そっち向きの話になってしまう。 翌朝、勤行があるというので 本式の密教の片鱗が見れると思っていたが 朝7時からで阿字観と言う瞑想はあったが 一般大衆向けで気落ちした。 もっと早朝の厳粛な勤行を予想していたのだ。 その後、奥の院の弘法大師御廟に向けて 石畳を歩いて行ったが 途中第2次世界大戦で亡くなった各部隊の供養塔を 拝しながら上っていった。 区隊会としては和やかで お互いをかばい合うような雰囲気があって楽しかった。 来年は東京と言うことである。 自衛隊ですらこんなだから旧軍の戦友となると絆は深いだろうな。